2つの老舗メゾンが実現した究極のボトルクーラーとは?

都市生活者のためのライフスタイルマガジン「エキサイトイズム(EXCITE.izm)

シャンパーニュの王者として知られる「KRUG(クリュッグ)」が、2011年から新たに取り組んでいるプロジェクトが「究極のボトルクーラーづくり」。そのパートナーとして世界中の候補から選んだのは、日本の無形文化財である鎚起(ついき)銅器の「玉川堂」だ。1843年(現在6代目)の創業以来、木樽を用いた職人的な醸造方法を貫く老舗シャンパーニュメゾン「クリュッグ」と、1816年創業(現在7代目)の歴史・伝統・職人技を誇る「玉川堂」。日仏の老舗メゾンがどのように巡り会い、今回のコラボレーションを実現したのか。完成に至るまでのエピソードを交えながら、両メゾン当主の「究極のボトルクーラーづくり」にかける想いを聞いた。

クリュッグ鎚起銅器ボトルクーラー サイズ側面/W142×D146×H248mm 底/W114×D114mm 重量790g

Continue reading