金「鎚」で、打ち「起」こしながら、器を作り上げていく「鎚起」銅器。
鎚起銅器の製作には 様々な道具を使用し、
湯沸を製作するためには数十種類の鳥口(鉄棒)、金鎚を使用します。

銅を叩いて伸ばすのではなく、叩きながら縮めていきます。
縮めるのも丸めるのも職人の勘一つ。湯沸の寸法はすべて職人の頭の中にあるのです。

一度叩くと銅は硬くなるため、製作途中に火炉の中に銅器を入れ柔らかくします。
最後に玉川堂独自の着色を施し、職人の幾つもの技が織り込まれた湯沸が完成します。

画像


金 鎚

金鎚
共有する金鎚もあるが、ほとんどが個人使用。
持ち手の木枝の長さ、太さ等、自分にあった形状は、長年の修行により身に付けていく。


鳥 口(とりぐち)

鳥口(とりぐち)
銅器を引っ掛ける鉄棒で、明治時代、玉川堂が名付けた製作道具。
全て玉川堂の手づくりで、器の形状によって使い分ける。


打ち起こし

打ち起こし
器の寸法に合わせ切り抜いた銅板を、木鎚を用い皿状に打ち起こしていく。
大きなシワを作り出し、打ち絞りを行うための準備作業を行う。


焼き鈍し(やきなまし)

焼き鈍し(やきなまし)
銅は一度叩くと硬くなるため、火炉で熱した後、水に漬け冷やす。
「鉄は熱いうちに打て」というが、銅は冷ましても柔らかさが持続する。


打ち絞り

打ち絞り
様々な鳥口、金鎚を用いながら、銅を徐々に絞っていく。
叩いて延ばすのではなく、叩いて縮めていくことで立体となる。


彫 金

彫金
花瓶、額皿等に鏨(タガネ)を用い、肉彫り(模様を浮き立たせる)、
片切彫り(模様を削る)、象嵌(金、銀等の貴金属を嵌め込む)を行う。


成 形

成形
打ち絞りによって荒れた金鎚の肌を整えていく。
小さ目で表面にツヤを出した金鎚を用いることで、美しい曲線を描くことができる。


着 色

着色
玉川堂が長年かけて独自開発した溶液に浸すことと、
独自の手順により、世界無二の色彩に仕上がる。