木目金について

木目金とは、今から約400年前の江戸時代初期に生まれた、
金属の色の違いを利用して木目模様を創り出す金属加工技術です。

銅、銀、赤銅(銅に金が3%含有)など、色彩の異なる金属を
20〜30枚ほど重ね合わせて融着させ、金属塊を製作。
それを金槌で打ちながら、また鏨(たがね)で表面を削り落とすことで、
木目模様の金属板にした後、器へと成形していきます。

金属で丹念に鍛え上げることにより、重ね合わせた金属の層が流れたり、膨らんだり、
複雑な木目模様が表現され、玉川宣夫が木目技術の世界第一人者として知られています。

人間国宝 玉川宣夫 経歴

1942年(昭和17年) 新潟県下田村生まれ。
1955年(昭和30年) 玉川堂五代目・玉川覚平の次男へ移籍
1959年(昭和34年) 秋田市立工芸学校を卒業後、玉川堂に入社。
1963年(昭和38年) 上京、人間国宝・関谷四郎氏に師事し、内弟子として2年間修業。
1969年(昭和44年) 日本伝統工芸展に初入選。
1982年(昭和57年) 日本伝統工芸展「NHK会長賞」受賞。文化庁お買い上げ。
1986年(昭和61年) 日本伝統工芸展「東京都知事賞」受賞。
1991年(平成 3年) 北欧巡回「伝統工芸名品展」に選抜出展
1997年(平成 9年) 初個展を開催。以降、5回開催。
2002年(平成14年) 芸術文化功績により「紫綬褒章」受章
同年、正倉院宝物「銀燻炉」の復元に貢献。
2005年(平成17年) ポーラ伝統文化振興財団主催「第25回伝統工芸ポーラ賞」受賞。
同年、新潟県燕市「芸術特別」表彰。
2006年(平成18年) 第1回新潟県伝統工芸展「大賞」受賞。
2010年(平成22年) 「重要無形文化財保持者(人間国宝)」認定。
同年10月5日、「燕市名誉市民」受称。

作品紹介

木目金花瓶

木目金花瓶

木目金花瓶

木目金花瓶

木目金花瓶

木目金花瓶

木目金花瓶

木目金花瓶

木目金壷

木目金香炉

木目金香炉

木目金水注

木目金湯沸

木目金湯沸

 

木目金皿(横)

木目金皿正面